ひとりぼっちの覚悟②

ひとりぼっちも悪くない。

なんて思うのは、強がりだろうか。

先日、誕生日を迎えたけど、

特に何もなく、ひとりぼっち

でも、それがなんなんだろう

誰も信じられない

信じたくない

苦しい 

だけど、みんな苦しい

だったら、私はなんなんだ

モラハラ夫から逃げ出しても

別に、幸せになるわけじゃない

かえって、過去に囚われていることに、

笑われる

笑われる存在

誰にも必要のされない存在

 

ひとりぼっちの覚悟

昨年から、もがいている。

 

信じられないくらいひとりぼっちで、心細くて、

でも、何気ないことすら話す相手がいなくて。

 

それでも、変わりたかったから、今までの自分は嫌いでしんどかったから、

腹くくってもがいてきた。

 

苦しいことも手を抜かず、地味なことこそ、力を注いだ。

地道に生きている自分を積み上げた。

 

いつのまにか、年が変わり、ひとりぼっちが当たり前になって馴染んできた。

そんな自分が、いいな と思えてきた。

 

だから、

 

穏やかな日々が続くよう、何にも関わりたくない。

もう少し、きちんと自分が出来上がるまで、地味を大事にして生きていく。

 

 

 

モラハラもとお

モラハラ元夫を許さなきゃダメですか?

許さなきゃ前に進めないんですか?

許さなきゃ、こちらの器が小さいんですか?

破滅を願っちゃダメですか?

誰に言っても、わかってもらえないけど、

大人を1人、壊すのなんて簡単なんですよ。

壊されたら、直すの、絶望的なんですよ。

 

 

きっと意味はない、

この存在意味がない自分を、

どう受け入れればいいのか。

 

こんなにひとりぼっちで

話す人もいなくて 

 

役に立つってなんだ、

私に使い道はあるのか、

 

なんでもいいんだ、

苦しいんだ

 

だって

 

私はいらない、

だれのアンテナにもひっかからない。

 

ただのひと

のような 

もの

 

 

双極性障害のせい? 昨日と違う自分

結婚相手選びも仕事選びも

見事にうまくいかなかった。

 

ということは、

 

私の選び方が間違っているんだ。

 

自分に向いている、あるいは

得意だと思っていることが、実は違っているのだ。

 

まず、自分がどんな人間か説明できるところから始めないと、

この先転職できたとしても、また同じことの繰り返し。

 

この歳になって、社会的成功なんてあるわけない。

とにかく双極性障害がこれ以上悪化しないように、精神科に必ず通い薬を飲み、生きていってもいいのかな、と思えるくらいの生活をしたいだけ。

 

人生の選択を間違えれば致命傷、

ささやかな幸せも根こそぎなくなる。

 

 

 

 

 

 

気持ちが不安定な困った人 認定

そうです。

 

心通える親しい人もいなければ、

なんでもないことを話せる友人も、

いません。

 

悲しいくらい

笑っちゃうくらい

いません。

 

そんな人は

どうやって

社会的生活を

していったら

いいんですか?

 

せっかく、体に合う薬を見つけて

精神状態が落ち着いてきたのに。

 

落ち着いた状態を見ていた周りの人たちは、本当はそれを維持するのがとんでもなく大変なことには気づかない。

一旦崩すと、たちまち

気持ちが不安定な、コロコロと言うことが変わる困った人 認定される。

 

今までがんばってきた分は台無し。

 

あれ…がんばることって

意味があったんだっけ…?